2010/06/01

若返る食事にありつける街:ロサンゼルス


さて若返る食事法を先日お伝えしましたが、「じゃーそんな食事どこにあるのさーっ」という声が聞こえてきそうなので、ご紹介します。ハリウッドからサンタモニカ地域にヘルシーなレストランがありますが、その中に理想の食事を提供してくれるところがあります。もちろんネットで探さないと簡単には見つかりませんよ。近くに6〜7軒ほど見つけましたので、今回は一軒、ご紹介します。


 まずどういう食事が若返りに貢献するか、もう一度整理しておきます。 べーギャン(動物由来の食品なし)で、 精製したもの不使用で、さらにグルテンフリーという条件をクリアーすればほとんど OK です。

1. 身体に悪い食品(老化するもの)はとらない。(砂糖、 精製された小麦や穀物、乳製品、肉、揚げもの、そして化学調味料など)
2. アレルギーになる食品はとらない。私の場合はグルテンフリー(小麦、麦食品 はとらない)にすることです。
3. 生きている食材を食べる。(新鮮な野菜や果物。大豆などの炭水化物は生きてないけど、発酵していれば生きていると言えます:しょう油、納豆など。発芽させれば生きている食材です:もやし、発芽した豆、穀物、ナッツなど)
 この3つのポイントをクリアできるレストランの一つが、ロサンゼルスの中心に近いシルバーレークにあります。その名も「CRU」。ここはすべてべーギャンでオーガニックを使用していて、しかもほとんどがグルテンフリーなので、安心して食べられるメニューが多くて気に入ってます。例えば・・・


アジアン ヌードル ボール
- 小麦の麺を使わず、ケルプヌードルを使っている- 低カロリー
- すべてローフード














そば粉のブルーベリーパンケーキ(グルテンフリー)
- 小麦を使わず、そば粉を使用。
- 砂糖不使用。













このメニューについてもっと詳しく知りたい場合は以下の PDF 書類を見て下さい。

Rein’s Video & PDF files 」← ここをクリック

  ↓
ベージが開いたら、「Cru’s menu with real pictures」と書いてあるところをクリック。
  ↓
新しいページが開いたら、写真をクリックすると PDF 書類(今のところ1ページのみ)が開く



[ 星のマークの意味 ]


5つ星:若返える食事(上記の3つのポイントを満たしているもの)


  4つ星:老化しない食事(ポイント1と2を満たしているもの。デザートは基本的にアガべやハチミツなどを多く使用しているため最高で4つ星;ステビアを使っているデザートならもしかしたら4.5星以上になるかも。でもステビアを使っているレストランは、今のところ知りません。)

3つ星以下はありません。「5つ星:若返える食事」か「4つ星:老化しない食事」のみ、このブログで紹介させていただきます。

[アジアン ヌードル ボール が5つ星でない理由]
ハチミツを使用しているので。



 次にCRU のメニューです。CRU のホームページにもメニューが紹介されています。


CRU のメニュー(おもて)
クリックすると拡大します。

(2010年5月8日現在)


















CRU のメニュー(うら)
クリックすると拡大します。



















場所はこちらです。
クリックすると拡大します。
住所が表示してあります。
(グーグル Map より)











お店の写真
クリックすると拡大します。
(グーグル Map より)
CRU レストランのホームページ:
http://www.crusilverlake.com/index.html








今回も長くなりましたが、読んでいただきありがとうございます。
皆さんも食べるだけで若返ってしまいましょう! 気分も若返りますよ〜 (^^)

食品に対するアレルギーチェック

 前回は究極の食事法について説明しましたが、一番大切だったのは「自分にアレルギーを起こす食品を除く」ということでした。それでは、どうすればそれを調べることができるのでしょうか? 「食物アレルギーテスト」という検査方法があります。皆さんにもよく知っていただきたいので、今回は私の検査結果をご紹介! (アメリカでの検査なので英語ですけど) 

 最初に言っておきますが、私はいたって健康で普通ならこんな検査をする必要はないと思っておりました。検査結果はきっとすごく良くて、アレルギーを起こす食品は一切ないだろうと思っておりました。普段の生活で一つ心配だったのは、少し下痢気味の時があって、その原因は何だろうなと思うくらいでした。その頃はローフードという生野菜をたくさん食べる食事をしていたので、きっとそのせいで少しお腹がゆるいのかな程度でした。

 さてそのテストですが、私は 200 品目に対するアレルギーを調べました(「ALCAT」 といわれるテスト, この記事の下にその情報を紹介しています)。小さなチューブに約5mLくらいの血液を3〜4本採取しました。10日くらいすると結果が送られてきます。

 左のリストが一番メインの検査結果で、赤のカラムに入っている食品は特にアレルギー反応が強かったもので、オレンジ色がその次にアレルギーの高かった食品が表示されています(写真をクリックすると拡大します)。これらのアレルギーをなくすには、赤色の食品は6ヵ月間、オレンジ色の食品は3ヵ月間食べなければよいそうです(薬などを飲む必要はない)。黄色はボーダーラインで、体調によってアレルギーが出たりで出なかったりするレベルで、4日に1回程度なら食べてよいそうです。

 先日も書きましたが、その頃はローフード・ダイエットを始めたばかりだったので、日頃食べ慣れていない生のガーリックや玉ねぎを食事に取り入れてました。そういう食品に特にアレルギー反応が出ていたので驚きました。そこで食事を少し見直さざるを得なくなりました。しかしニンニクと玉ねぎを完全に抜くということは、同時に3〜6ヵ月間は外食もできないということを意味しています。なぜならほとんどのレストランではニンニクと玉ねぎを使いますし、特に健康志向のレストランは肉を使わないので料理を美味しくするためにニンニクや玉ねぎは必須なんですよね。

 ここからは、さらに詳しく知りたい人だけ読んで下さい。詳細な結果をお知らせします。左の写真は 200 種類の食品のすべての検査結果です(クリックすると拡大します)。アレルギーのでなかった食品は緑色のカラムに入っています。また左下の水色のカラムには、カンジタやグルテン、 グリアジン、カゼインそして乳清を含む食品についての結果が表示されており、私の場合は「砂糖やグルテンを含む食品、そして牛乳は飲まないほうがよい」という結果でした。これは私にとって納得のいく結果でした。というのは普段から砂糖や牛乳をとった後は身体の不調を感じていたので。(実験で言えば、「ポジティブ・コントロール」になります ^^)

 またこのテストでは全部で4ページの資料が送られてきたのでそれも PDF 書類 として公開します( 以下の手順で PDF 書類を開いて下さい)。

Rein’s Video & PDF files 」← ここをクリック
  ↓
ベージが開いたら、「ALCAT results (食物アレルギーテストの結果)」と書いてあるところをクリックする。
  ↓
新しいページが開いたら、表をクリックすると PDF 書類(4ページの資料)が開きます。(もしくはダウンロードされます)

(PDF 書類を開くのに時間がかかることがあります。またこの書類を開くには Adobe Reader というソフトが必要です [無料で手に入ります ])。


 そのPDF書類の2ページ目はどういう食事をとったらよいかの例が書いてあります。ここで気づくのは、すべての食品を4日周期にしているということです。これが身体に余計なアレルギーをおこさないようにする最良の方法のようです。
 3ページ目からはアレルギーのでた食品についての説明です。厳しいなと思ったのは、例えばもしブドウにアレルギーが出てしまった場合、ぶどうだけでなくそれが含まれるグレープシードオイルやワインビネガー(どちらもブドウから作られている)も避けなければならないということです。これらのルールを守るのはたいへんでしたが、ソフィアさんが献立を考えてくれてたいへん助かりました。しかも美味しく作っていただきました。どうもありがとう!

 最後に、「検査結果の見方」や「4日周期のダイエット」についての説明書もついてきましたので、これも PDF 書類として公開します。(先ほどと途中まで同じ手順です)

Rein’s Video & PDF files 」← ここをクリック
  ↓
ベージが開いたら、「How to see ALCAT results (検査結果の見方)」と書いてあるところをクリックする。
  ↓
新しいページが開いたら、表をクリックすると PDF 書類(2ページの資料)が開きます。(もしくはダウンロードされます)


それでは皆さん、アレルギーを避けてさらに健康になりましょう! 身体がすごく軽くなりますよ〜 (^^) 

Seigo

[私が受けた食物アレルギーテスト (ALCAT) の情報]
(米国内でしか検査を受け付けていないかも;血液を送ることになるので)
ALCAT ホームページ:http://www.alcat.com/
実際に検査を注文したサイト(他のサイトより少し値段が安めだった)↓
https://www.alcat.com/index.php?404;http://www.alcat.com/practitioner_service.php

私が使用したキットの名前と値段:200 Foods Test Kit - Price $495

----------------------------------------------

[前回の記事の訂正]
私の受けたアレルギーの血液検査は、IgG だけを検査しているわけではなく、白血球のアレルギー反応を直接調べていることがわかりました。なので、「IgG」と書いた部分を以下のように変更しました。

・血液のアレルギーチェック(IgG テスト。食品アレルギー)
  ↓
・血液のアレルギーチェック(食品に対するアレルギー反応を白血球から直接調べる)